2012年04月30日

会津駒ヶ岳でなごり雪

連休前半は2011-12年ウィンターシーズンの締めとして会津駒ヶ岳へ行って来ました。

20120429_023.jpg

午前6時に檜枝岐の駐車場を出発。
まだ通行止めの車道と冬の巻道をテクテクと歩いて、取付の階段まで。

20120429_001.jpg

登山道を30分ほど登ると登山道は雪の下・・・ 

20120429_002.jpg


太陽が昇るにつれ、気温が一気に上がりインナーと薄手のシャツのみ、それでも汗が噴き出てきます。


雪の重みで折れてしまったのでしょうか ブナの巨木が根本からポッキリ・・・

20120429_003.jpg


ヘリポート跡手前は急斜面なので慎重に登ります。

20120429_005.jpg



標高が上がるにつれ徐々に視界が開けてきて、燧ヶ岳も見えてきました。

20120429_009.jpg



日差しは相変わらず強いですが、風もなく穏やか、鳥の囀りしか聞こえてこない静寂の世界・・・

20120429_008.jpg


アイゼンでも登れるのですが、折角なのでスノーシューに履き替えました。

20120429_014.jpg

ヒールリフターの威力を発揮して一気に高度を稼ぎます。

20120429_015.jpg


森林限界を越えるとそこは真っ白な世界。 思わず顔がニヤけます。

20120429_018.jpg


このGWから営業を本格的に再開した「駒の小屋」をスルーして、山頂を目指します。

20120429_025.jpg
20120429_029.jpg


山頂手前の急登を登り・・・

20120429_031.jpg


4時間半かかってようやく標高2,132mの山頂へ

20120429_042.jpg


良い天気に恵まれて360°の絶景!!



新潟方面には遙か彼方に越後駒ヶ岳、奥只見湖の一部も見えました。

20120429_037.jpg
(中央左側が越後駒ヶ岳 枝折峠は中央あたりに位置します。)

因みに2008年の7月に来たときはこんな感じでした。

Dscn4300-thumbnail2.jpg

標識の高さからするとまだ1.5メートルぐらいは積雪がありそうです。



雄大な景色を眺めながらお昼を食べ、雪景色を堪能したら下山します。

20120429_044.jpg


チンタラ下るのが面倒だと果敢にシリセードを試みるyukoさん

20120429_050.jpg


終いにはシリセードでのターンをマスターしたと豪語しておりました。



14:00に登山口に到着し、2011−12年のウィンターシーズンは無事幕を閉じました。

いやー スノーハイクって楽しいですね。


早く雪降らないかな〜  アレ??
posted by Nori8 at 21:22| 埼玉 ☔| Comment(2) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど これは前シーズンでしたね
お天気に恵まれて何よりでした
Posted by テツ at 2012年04月30日 22:41
テツさん

最後の最後にようやく天候に恵まれました。
この時期ならそれほど危険な個所もないので来シーズンは是非行きましょう!
Posted by Nori8 at 2012年04月30日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。