2012年10月09日

紅葉の北八ヶ岳

10月の連休は北八ヶ岳で1泊2日の山歩きをしてきました。

20120106_001.jpg

金曜日の夜、埼玉を出発し、佐久穂から蓼科スカイラインで大河原峠へ

シカやらタヌキ、キツネ? 深夜の山道はあちこちに野生動物が出現。 突然、車の前を横切るのでヒヤヒヤしながらの運転です。

車中で仮眠ののち、午前7時 駐車場脇の登山口から登り始めます。

20120106_002.jpg

20分ほど登ると・・・

20120106_005.jpg

双子山山頂!!

右手に蓼科山を見ながらさらにカラ松の山道を40分ほど下ると

20120106_047.jpg

双子池ヒュッテに到着!

20120106_007.jpg

登り始めて約1時間ほどで今夜の宿営地に到着しちゃいました。

登るというかほとんど下りってますが・・・

受付を済ませ、雌池周辺のテント指定地へ

時間が早いのでウチの他にはまだ1張だけ、あちこち見てまわり、気に入った分譲地を探して早速テント設営。

20120106_034.jpg

平な場所で良かった〜

見晴らしもいいし。

20120106_041.jpg


荷物をデポして、大岳、北横岳へ向けて出発。

苔むした森の中、滑りやすい岩の急登を抜けると巨大な岩が積み重なった場所に出ます。

20120106_013.jpg

大岳の手前の登りで斜めに切れ落ちた岩を通過しようと脚を着いた途端、ズルっと滑って岩から転落。

20120106_015.jpg

一回転して落ちました...orz

幸い、大した怪我はありませんでしたがお気に入りのシャツに穴が開いていてしまいました。

20120106_016.jpg

滑りやすい岩の地帯を抜けた安堵と慢心でちょっと気が緩んだところでした。

こんなところに山の危険が潜んでるんですね〜  気をつけないと・・・


大岳で簡単な昼食を済ませ、1時間ほど登ると北横岳の山頂。

20120106_025.jpg

ここは茅野側からのロープウェイで上がってこられるので山頂は多くの登山者で賑わっていました。

ガスが流れてあまり展望はきかず、隣の蓼科山も見えたり見えなかったり。

お茶休憩だけして、亀甲池経由で再び双子池まで戻ります。


15時過ぎにテント場に戻り、早速夕食の支度。

今晩のディナーは「キムチ鍋」

20120106_038.jpg

こういう場所で食べると普通のキムチ鍋が5割増しぐらい美味しく感じますね。


暗くなってきたので18時には床に着きました。


一晩中降った雨も7時過ぎにようやく上がり、まったりと朝食を済ませて双子池をあとにします。

20120106_040.jpg


山間の静かな池と点在する紅葉がとてもきれいでした。

20120106_044.jpg

小一時間ほど歩いて大河原駐車場に戻りした。

車に荷物を積んで今度は蓼科スカイラインを茅野側に下り、「北八ヶ岳ロープウェイ」に向かいます。

20120106_049.jpg


山頂駅から木道を通り、縞枯山荘、雨池峠経由で縞枯山へ。

20120106_052.jpg

標高差はわずか200mほどですが、まっすぐな直登一本道・・・

結構足にきましたよ

縞枯山の頂上は樹木に覆われて展望は望めませんでしたが、茶臼山へ向かう途中に眺めのよい展望台があります。

20120106_055.jpg

縞枯山の特徴である縞枯現象をあちこちで見ることができました。

20120106_064.jpg

縞枯山をグルッと回ってロープウェイ山頂駅へ戻り、再び下界へ

20120106_068.jpg

北八ヶ岳はいろんなルートがあってなかなか奥が深いです。八ヶ岳連峰北から南への大縦走なんてのも壮大で面白そうですね〜

とりあえずこの辺りが白い世界になったらまた来てみようと思います。

で 自転車はいつ乗るの?
posted by Nori8 at 22:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。