2013年05月05日

連休前半 針ノ木合宿

連休前半はまたもや長野県山岳総合センター主催の「雪上技術講習」に参加してきました。

201300428_009.jpg

27日 雨の大町で山岳総合センターでの机上講習と各班に分かれて、翌日からの山行に備え、食糧計画と装備点検を行い、夕食後の交流会もそこそこに22時前に就寝。

28日朝7時 大型バスでセンターを出発し、登山口となる扇沢へ。

201300428_002.jpg

前日は40cmの積雪があり、黒部立山アルペンルート行きの観光客を乗せたバスが立ち往生して大変混乱だったそうです。

でも講習初日はド・ピーカン!!

午前8時 準備を整え幕営地となる大沢小屋を目指します。

201300428_005.jpg

雲一つない青空と爺ケ岳から岩小屋沢岳、鳴沢岳、赤沢岳と白い雪を纏った山々の素晴らしい景色。

201300428_010.jpg

この景色を見られただけでも講習に参加した甲斐がありました。

さらに歩くこと30分

針ノ木雪渓から続く針ノ木岳がドーンと見えてきました。

201300428_011.jpg

イヤ〜ほんと最高の眺めです!


10時過ぎに大沢小屋へ到着。さっそくテント設営し、休憩ののちアイゼン歩行の練習。

201300428_080.jpg

201300428_023.jpg

たっぷり練習した後は、お楽しみ夕食タイム。

冷たいビールで喉を潤しつつ、今回はキムチ鍋で舌鼓。

201300428_029.jpg

大型テントでワイワイと皆でおしゃべりしながら食べる夕食は格別ですね。

大変美味しゅうございました。 酔いも回って9時前には爆睡zzz


夜中に用足しにテントの外へ出てみると、満天の星・・・


28日4時起床・6時行動開始。

雪崩の危険を回避するため、大沢の谷筋まで移動します。

201300428_032.jpg

講習適所に着いたらピッケルを使って滑落停止の訓練をします。

足から転倒したり、頭から転倒したりいろんな姿勢で転んではピッケルを打ち込み、何度も何度も練習しました。

斜度や雪の状態によってはピッケル刺しても止まらないことがよくわかりました。

まぁ転ばないように歩くってのが一番大事ってことですね。


続いて、スリング、カラビナ、ハーネスにザイルと普段の山行ではあまり使わない道具を用いて、ビレイや登攀、下降の練習。

201300428_046.jpg

201300428_049.jpg

201300428_056.jpg

これまでザイル使っての登攀はやったことがなかったのですが、その仕組みと意味と有難さを身をもって実感しました。

201300428_060.jpg

11時過ぎに訓練終了。

201300428_067.jpg

幕営地に戻り、テントを撤収のち扇沢へ下山しました。

201300428_081.jpg

ご一緒いただいたメンバーの皆様 楽しい2日間ありがとうございました。
posted by Nori8 at 22:59| 埼玉 ☔| Comment(2) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワハハ こりゃ敷居が高過ぎますわ
そろそろバリエーションルートに挑戦しそうだ!(^^)!
Posted by テツ at 2013年05月06日 17:00
テツさん

山岳総合センターの講習会は決して敷居が高いものではありませんよ。講習会を通じていろんな知識や技術を身につけられるのでお勧めです。
Posted by Nori8 at 2013年05月06日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。