2013年08月18日

2013年の夏山 黒部五郎

お盆休みに2泊3日で北アルプスの黒部五郎岳へ行ってきました。

20130812_048.jpg

3年前、裏銀座縦走の途中、野口五郎小屋で一緒になった方から「黒部五郎のカールはいいよ〜」と教えてもらい、いつか行ってみたいな〜と思っておりました。



【8月11日(日)】
夜明け前、新穂高の駐車場を出発。 蒲田川沿いに左俣谷を進み、わさび平を経て小池新道から本格的な登りが始まります。
20130812_001.jpg

荷物は重いですが、傾斜はそれほどきつくないし、とても歩きやすい登山道です。それでも日が昇るにつれ滝のような汗が噴き出てきます。

1時間ほどで秩父沢に到着。
20130812_002.jpg

雪渓から浸み出た水で、顔を洗い、汗を拭きます。


歩き始めて2時間半、今日の目的地、双六小屋の天場はまだまだ先ですが、1時間おきに休憩ポイントがあるので助かります。

5時間半歩いて、10時前に鏡平へ到着。天気が良く、槍ヶ岳から穂高の山々を一望することができました。
20130812_003.jpg

鏡平小屋でかき氷を頂きます。
20130812_005.jpg

こんな山奥で「練乳いちご」を550円で食べられるなんて最高ですね。


電波が通じたのでいろいろ情報収集していたら、なんとトラ師匠であるウッディ〜夫妻がこの山域にいることが判明。

我々の宿営地よりさらに奥の三俣蓮華の天場で泊まるとのこと、双六小屋から2時間半ほど歩けば三俣蓮華の天場に着けそうです。

鏡平で少し時間を取りすぎたので、先を急ぎますが、鏡平から弓折岳分岐までの登りでかなり消耗してしまい、そこからはほぼ横移動の双六小屋まで2時間掛かってしまいました。

12時40分にようやく双六の天場に到着。
20130812_010.jpg

記録係のメモによると歩き始めから天場まで8時間20分、途中休憩が1時間20分とのことなのでほぼCT通りの7時間で歩けました。

ここから三俣蓮華までは2時間半、鏡平では行けそうな気がしていましたが、とっくにその気は失せてしまい、予定どおりここに幕営することに決定。

心地よい風に吹かれて昼寝など日が傾く頃までマッタリ過ごします。


暗くなる前に夕飯の準備。
今宵はインゲンとコンビーフ、ウズラの卵をソテーしたものと、アルファ米、フリーズドライ系です。
20130812_012.jpg

桃のデザートもつけてみました。^^

天場は広く、ご近所さんとも余裕の間取りです。
20130812_013.jpg

夜中に用足しにテントを出てみると、月のない夜空は満天の星・・・ 天の川もクッキリと見えました。



【8月12日(月)】

4時起床。薄っすらと空が明るくなり始め、各テントも準備が始まります。
20130812_014.jpg

ガソリンは音がうるさいのでアルコールバーナーを使い、まずは朝食の準備・・・

魚肉ソーセージドッグとスープ。
20130812_015.jpg

テントを撤収し、5時半に出発。まずは双六岳山頂を目指します。
20130812_019.jpg

山頂付近は幅の広い稜線になっており、1本のトレイルが伸びる不思議な光景でした。
20130812_021.jpg

ほどなく2,860mの双六岳山頂に到着。
20130812_022.jpg

更に進んで8時30分に三俣蓮華岳の山頂に到着。
20130812_030.jpg

三角点ではお約束の3県跨ぎ(岐阜・富山・長野)
20130812_027.jpg

振り返ると穂高連峰のシルエット
20130812_029.jpg

北側は鷲羽岳と黒部源流部
20130812_028.jpg

目指す黒部五郎はまだ先にあります。
20130812_024.jpg

3年前は雨とガスで周りの景色は何にも見えなかったので、この景色を見られただけでも感無量ですね〜

三俣蓮華の山頂から歩くこと1時間半、500m降下して10時過ぎに黒部五郎小舎に到着。さっそく良さそうな場所を選んでテント設営。重たい荷物をデポして黒部五郎を目指します。
20130812_032.jpg

カールの核心部へ近づくにつれその壮大な景色に圧倒され、岩肌を巻いて吹き渡る風の音や巨大な雪渓から浸み出た沢の音に癒され、コバイケイソウの大群落に包まれるうちに自然と顔がニヤけてきました。

20130812_041.jpg

20130812_042.jpg

20130812_043.jpg

「黒部五郎のカールはいいよ〜」

あのおじさんが言っていたことは嘘じゃなかった・・・

「ここにずーっといたい」そんな気分になる場所でした。

カールの中心を通る勾配のきついトレイルを辿って13時過ぎに黒部五郎岳山頂に到着。
20130812_047.jpg


往路は黒部五郎の稜線を辿ってテント場に戻ります。

カールを上から望み、余韻を楽しみながら歩きます。
20130812_059.jpg

目的も果たせたし、あとは天場に戻るだけという、心の余裕もできたのでチングルマの接写など。
20130812_065.jpg

調べてみたら、「花の百名山」という本でチングルマは黒部五郎を代表する花になってるらしいです。
20130812_067.jpg

17時前に戻ってみると、天場がスゴイことに・・・
20130812_071.jpg

まぁ、夏山ハイシーズンなのでこんなもんでしょ・・・


気を取り直して夕食の準備。
20130812_069.jpg

この日のメニューはアルファ米のガーリックチャーハンとタラとサケの洋風煮、豆のトマトスープ、コンビーフ・マッシュポテト。デザートはパック入りのミカン。
20130812_070.jpg

マッシュポテトの量が思いのほか多くてお腹パンパンでした。

なんだかんだで9時間近く歩いたので、早々に就寝。


【8月13日(火)】

当初の予定では双六まで戻り、もう一泊してからゆっくり下山する予定でしたが、体調も脚の状態も良いので一気に新穂高へ降りることにしました。

なので3時半起床です。

まだ星が瞬く夜空にペルセウス座流星群も見ることができました。

しかし準備やら撤収やら用足しに思いのほか時間を取られ・・・

結局黒部五郎小舎を出たのは5時過ぎの出発でした。 ^^;
20130812_073.jpg

モルゲンロートに染まる黒部五郎をかすかに望み、一路三俣蓮華を目指します。
20130812_075.jpg

朝露を纏ったチングルマ
20130812_076.jpg

三俣蓮華に近づく頃には穂を開いて風にたなびいていました。
20130812_079.jpg

500m登り返し、三俣蓮華の山頂休憩中に無線機を開いたら、なんと熊谷からのコールを受信しましたよ。
20130812_080.jpg

三俣蓮華からは巻道で双六に降りようとして下り始めたら、下から上がってくる登山者に見慣れた顔が・・・

やっとのことでウッディ〜夫妻と会うことができました。ヽ(^◇^*)/
20130812_081.jpg

同じ山域にいることはわかっていたのですが、電波状況が悪くて確実に連絡が取れないまま、お互いの行動をプロファイルしながら、行き先を読みあって、偶然というかようやくというかやっと会えました!

ホント嬉しかった〜!!

その後、双六から新穂高まで一緒に下りました。
20130812_089.jpg

二人だと黙々と歩いてしまうところですが、楽しくお話ししながら下山したらあっという間に下っちゃいました。

16時過ぎに新穂高に到着。ウッディ〜夫妻、ありがとうございました。
20130812_091.jpg


双六から見た笠ヶ岳の稜線・・・黒部五郎から続く太郎平と薬師岳へのトレイル・・・

とても魅力的でした。

山に登る度に歩いてみたいところが増えていきますね〜

なので山登りはやめられませ〜ん。 (;^ω^A

posted by Nori8 at 22:16| 埼玉 ☔| Comment(10) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさまでした、素晴らしい山行だったようですね!黒部のカールいいなあ・・
我が家は今週末なのですが、どうも天気予報が思わしくないので、最悪の場合は行き先変更まで視野に入れてます・・・
Posted by カナイダ at 2013年08月19日 11:03
3連投で便秘解消ですね ^^;

風景が素敵過ぎます!
黒部五郎のカールは涎が ・・・
是非参考にさせていただきます。
ちなみに新穂高から双六まで一日では無理そうだな orz
Posted by テツ at 2013年08月19日 12:15
お天気、最高ですね!
それにしても、テント泊でもご飯が豪勢なのが流石です(笑
Posted by ミサトン at 2013年08月19日 19:35
カナイダさん

今年は天気に恵まれました〜。
黒部のカールは聞きしに勝る絶景でした。

1泊しないとたどり着けないので、せっかく行くなら天気の良い日を狙ってください。

カールはいつでも待ってますよ〜!!
Posted by Nori8 at 2013年08月19日 20:14
テツさん

ここは行っておかないといけない場所ですわw

小屋泊まりで荷を軽くして、わさび平か鏡平で1泊してから双六を目指すってのもありですよ!

是非、行ってください。おススメです。
Posted by Nori8 at 2013年08月19日 20:49
ミサトン

黒部五郎を回った日は雲一つない晴天でした。本当に気持ちよかったです。

食事は山岳総合センターで教わったことを活かしてみました。大切な楽しみですからね〜

Posted by Nori8 at 2013年08月19日 20:53
こんにちは。
すばらしい山での夏休み!
いいなぁ。
羨ましいです。
こちらは子供連れて、低山で暑い思いしてきました(笑)
Posted by サトシ at 2013年08月30日 16:16
サトシさん

今年は天気に恵まれました。
お子さんが大きくなったら是非連れて行ってあげてください。
いたるところが撮影ポイントですよ〜
Posted by Nori8 at 2013年08月31日 18:42
まぁまぁ皆さん今年黒部五郎流行のはじまりはここでしたかw
やっぱり山の景色は良いですね。それに懐かしくて…
折立から薬師岳ピストンの雲の平、三俣・双六・新穂高と歩いたことがあります。もう30年以上前っすけどw
Posted by batchan at 2013年09月26日 00:28
batchanさん

今年は黒部五郎がブームみたいです。(笑)

裏とか西方面はホント人が少なくていいですね。

五郎の肩から薬師への稜線は是非歩いてみたいと思いました。

30年ぶりにばっちゃんもどうですか?

Posted by Nori8 at 2013年09月26日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。