2014年02月02日

野外活動講座 in 霧ヶ峰

長野県山岳総合センター主催の「真冬の高原の自然環境と景観」と題する野外活動講座に参加すべく、諏訪の霧ヶ峰まで行ってきました。

20140201_029.jpg


県内・県外から雪の中を歩くのが好きな方が総勢30名が霧ヶ峰自然保護センターに集合。 

20140201_001.jpg


オリエンテーションののち、5班に分かれて、真冬の高原を堪能しながら車山山頂を目指します。

20140201_007.jpg

主催者の目的としては、気温がキンキンに冷えた雪と氷の世界を楽しんでもらうという目論見でしたが、意に反して気温が高く、なんだか快適な雪上ハイクになってしまいました。

先頭でラッセルしてる人は大変ですが、30人も歩けばトレースはバッチリ、楽々歩けます。

20140201_006.jpg


動物の足跡があちこち見られました。

参加者:「先生〜! この足跡はなんですか〜??」

講 師:「どれどれ〜??」  

ズボッ!! (^◇^)

20140201_013.jpg

雪はクラスト状態で、スノーシューを履いてても踏み抜くとひざ上ぐらいはハマってしまいます。

この辺にあるアニマルトラックは大体ウサギかキツネかテンのものらしいです。


だだっ広い〜雪原・・・

20140201_019.jpg

しかしこの辺り一帯、標高は1500〜1600mで森林限界というわけではないのになぜか樹木がありません。

20140201_031.jpg

聞くところによると、1000年ほど前の平安時代から放牧や萱採取のために、木を伐採して今日の姿になったのだとか・・・

今は野焼きをしたり、樹木が伸びないように山の地権者が管理してるそうです。

そういう意味で、これは本来の自然環境なのかという議論もあるようで・・・

それはともかく、ここ最近はシカによるニッコウキスゲの食害が深刻な問題になってるみたいです。


お昼を過ぎて車山の肩の手前、 だいぶ頂上に近づいてきました。

20140201_028.jpg


標高が上がるにつれ、地表を這うように風が強くなってきました。

こちらはそんな風をモノともせず、快調に高度を稼ぐ孤高のアルピニストさん・・・

20140201_061.jpg

横殴りの風に翻弄されながらも自然が作り出す造形の美しさに目を見張ります。

シュカブラ その1
20140201_064.jpg

シュカブラ その2
20140201_065.jpg

シュカブラ その3
20140201_066.jpg

風食されるシュカブラ
20140201_068.jpg

13時半にようやく車山山頂に到着〜

20140201_073.jpg

ずーっと目印になっていた山頂の丸い物体は気象レーダーでした。

20140201_072.jpg

少し霞んでましたが、八ヶ岳連峰もバッチリ

20140201_080.jpg

我々が歩いて登ってきた斜面の反対側は車山スキー場・・・ 実はリフトでここまで上がれるらしいww


まぁ 自力で登ってくるからこそ価値のある景色ということで・・・  ^^


長野県山岳総合センターでは来シーズンもいろいろと面白そうな企画を考えているとのことなのでまた機会があれば参加したいと思います。

posted by Nori8 at 01:21| 埼玉 ☔| Comment(2) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中ほどの写真、さぞや著名なアルピニストなのでしょうねw
今回もお世話になりました。
またよろしく。次回は鉄っすかね。
Posted by テツ at 2014年02月02日 20:42
主催者の思惑通りじゃなかったけど、私としては天気の良い日に雪上ハイクができただけで満足です。

銀マットで滑ったらさらに楽しそうな気もしますが・・・
Posted by nori8 at 2014年02月02日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。