2014年03月18日

安達太良山 小屋泊まり

かねてより計画していた冬の安達太良山へ行ってきました。

20140315_002.jpg

行きの東北道では矢吹〜須賀川間で通行止めの表示、そこにたどり着くまでには解除されてるかな〜との淡い期待もむなしく約2時間半のロス。orz


結局、奥岳登山口を出発したのは11時半でした。
20140315_003.jpg

当初の予定ではその日のうちに安達太良山のピークを踏んで、くろがね小屋に投宿、翌日のんびり下山という計画だったのですが・・・


まずはスキー場の脇を抜けて、樹林帯へと入っていきます。

20140315_004.jpg

昨年11月に踏査したときは、馬車道ルートで登りましたが、今回は旧道からショートカットで一気に高度を稼ぎ、1時間半ほどで勢至平に到着。

20140315_008.jpg

麓からその雄大な姿を見せていたのですが、午後から雲に覆われ姿を見ることができなくなりました。


くろがね小屋までのルートで最も注意すべき斜面を慎重に通過すると・・・

20140315_016.jpg


くろがね小屋見えた〜!!

20140315_020.jpg


アイゼンを外して小屋に一歩足を踏み入れると寒風が吹きすさぶ外とは別世界・・・
20140315_023.jpg

ダルマストーブの暖かさが体にしみます。
20140315_024.jpg

お部屋の様子・・・
20140315_027.jpg

こんな雪の中で素泊まり(入浴+暖房費込み)で4,150円とは有り難いですね〜。

20140315_021.jpg

源泉かけ流しの温泉もGoodでした。 リピーターが多いのも頷けます。


凍結のため給水ができず、くろがね小屋名物のカレーは食べられませんでしたが、持ってきた食材で夕飯はキムチ鍋を頂きました。
20140315_028.jpg




ぐっすりと眠った翌朝。

20140315_033.jpg

天候状況があまり良くないのでそのまま下山しても良かったのですが、せっかくなので稜線直下の峰の辻まで登り、そのまま勢至平に降りるルートを通って帰ることにしました。

20140315_038.jpg

矢筈森の大斜面を慎重にトラバースしていきます。

20140315_044.jpg

雨の流れた後? 斜面を縦に走る模様がとても印象的でした。
20140315_049.jpg

約1時間ほどで峰の辻に到着。

20140315_056.jpg


見晴しが良くなった途端、一気に風が強くなりました。 風速計で測ってみたら、15〜20m/sぐらい。

20140315_053.jpg

稜線上はもっと凄いことになってるでしょう。


すぐ目の前に「乳首」と呼ばれる安達太良山の頂上が見えますが、今回はここまで。
20140315_052.jpg


勢至平に向けて、下山開始〜

20140315_072.jpg


残念ながら青空ではありませんでしたが、雪山ならではの景色を堪能しました。

20140315_075.jpg

20140315_076.jpg

20140315_078.jpg


追い風もあって、あっという間に樹林帯へ

20140315_080.jpg

10時過ぎに奥岳登山口に到着。


名物カレーがとても心残りなので来シーズンもまた行きたいと思います。

posted by Nori8 at 23:19| 埼玉 ☔| Comment(4) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お天気、残念でしたね。
駐車場にはもう雪がないのに、上にはたっぷりと。
温泉まで入れる山小屋は少ないですもんねぇ。
山に行きたくなりました!
Posted by サトシ at 2014年03月19日 10:27
小屋にたどり着くまでのトラバース地帯は結構ビビってました(笑)
あれくらいまでなら雪山も楽しいね。と釘を刺しておかないと…(^^ゞ
Posted by テツ at 2014年03月19日 13:14
サトシさん

例年と比べると多いのか少ないのかわからないですが、まだまだ雪の景色を楽しむことができました。

凍えた体に温泉はホント嬉しいですね〜 
Posted by nori8 at 2014年03月19日 23:01
テツさん

う〜ん 確かに10本爪だとあの辺が限界かもですねw

次回も装備の範囲で雪山を楽しむことにしましょう。

どこがいいかな?
Posted by nori8 at 2014年03月19日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。